イマークSの副作用【EPAの過剰摂取や薬との併用について】

イマークSの特徴はEPAを簡単に摂取できるということです。

EPAはイワシ・サンマ・サバなどの青魚に含まれている成分です。

マグロのトロの部分にも多く含まれています。

イマークS副作用

このEPAは、動脈硬化などの原因となる中性脂肪値を低下させる効果があります。

青魚を普段あまり食べることがない人は積極的にEPAを摂取した方がいいといえます。

しかし、EPAを摂りすぎることも問題です。

EPAは血液を固まりにくくする効果もあるので、過剰摂取によって出血が止まりにくくなることもあります。

EPAの1日の摂取量は3gまでが目安となります。

この点、イマークSの1本あたりのEPAは600mgです。

ですから、
イマークSを1本飲んだほかに青魚を普通の食事で食べる分には副作用を心配する必要はありません。

次に気になるのが、薬と併用する場合です。

こちらについても特に心配する必要はないといえます。

イマークSは青魚の姿を変えたものとイメージするとよいかもしれません。

食事で青魚を食べた後に薬を飲んでも問題ないのと同じことです。

どうしても心配な方は、イマークSを飲む時間と薬を飲む時間の間隔をあけるとよいでしょう。

また、通院中の方はかかりつけの医師に相談してみるのもよいと思います。

最後に、イマークSの公式サイトによると、原材料の一部に大豆が使用されています。

大豆アレルギーのある方は飲用を控えたほうがいいです。

>>> イマークSの公式サイト・10本お試しセット&定期コースはこちら








【関連記事】
イマークS※お試しセット・口コミ・最安値価格【楽天・Amazon】