月別アーカイブ: 2014年4月

田中将大と松井祐樹の大きな差

昨日は楽天イーグルス・松井祐樹投手の4試合目の登板でしたが、ダメでしたね。

びっくりするくらい四球が多いです。

1回だけで5つの四球、5回を投げて8つの四球。

田中将大投手の代わりに楽しみな投手が入ったと思いましたが、まだまだですね。

その楽天イーグルスを去った田中将大投手ですが、やっぱりすげーピッチャーです。

まだ負けなしの3勝目です。

2者連続ホームランを浴びましたが、失投というより、強打者相手にホームランにされるか試したボールのようにも思えます。

とにかく田中投手は松井投手とは対照的に四球が少ないですね。

4試合を投げてわずか2個。

4イニングじゃないです。

しばらくは初対戦が続きそう簡単には打たれないと思いますので、それなりに勝ち星は付いてくると思います。

こんな感じで今の田中投手と松井投手を比較してしまいました。

前回の記事でも書きましたが、チームを勝ちに導ける投手かどうかという点では、いまだに松井投手に対する不安は大きいです。

もちろん四球はそのひとつにすぎません。

でもその裏にはストライクゾーンに思い切って投げられないという大きな差があるのかもしれません。

楽天イーグルスには田中投手と一緒にプレーした選手が12球団で一番多くいます。

とにかくたくさんのことを吸収して成長してほしいです。

CIMG6914

これが松井祐樹なのか

楽天イーグルス・松井祐樹投手は昨日がプロ2試合目の先発登板となりました。

日本ハムを相手に3回までは無失点でよかったのですが、2巡目の対戦となった4回に突如乱れました。

3つのフォアボールで満塁のピンチを招きタイムリーを打たれました。

ストレートのコントロールが効かなくなったことが原因です。

結局は4回途中での降板となってしまいました。

うーん、これが松井祐樹なのでしょうか。

実は私は松井祐樹という投手をずっと過小評価していました。

なぜなら、甲子園の舞台、また甲子園出場をかけた県大会でチームをそれほど上の方まで行かせていないからです。

どうしても松坂大輔投手や田中将大投手と比較してしまうんですね。

プロでもしっかり通用する投手は高校レベルなら自分の投球だけでチームを勝ちに導く力があると。

松井祐樹投手はいいボールを投げるけれどもそれがないのです。

この懸念が昨日の試合では出てしまったのでしょうか。

正直なところよくわかりません。

でも魅力的な投手であることは間違いないです。

期待はものすごく大きいです。

4月中は1軍のマウンドで経験を積んで課題を明確にし、それからは佐藤コーチにおまかせするのがよいかと思います。

もし迷いが大きくなったら2軍です。

CIMG6805