日清「シンガポール・チリクラブ」を食べて

最近お店でよく見かけるようになった日清の「シンガポール・チリクラブ」というカップ麺です。

DSCN0016

トムヤムクンなどの日清の東南アジアシリーズは好んで食べていましたが、このシンガポール・チリクラブについては、第一印象で「どうなのかな?」と、どちらかというと否定的な印象を受けました。

チリクラブはシンガポールの料理の名前ということですが、もちろん私は食べたことがありません。

ただ「辛口」という記載とカニの絵が描かれているので、何となく味の想像はできました。

そして食べてみましたが、やはり辛かったです。

ただ、トムヤムクンやシンガポール・ラクサを食べたときのような感動はありませんでした。

何となく「間に合わせたな」という感じです。

そしてこれも予想できたことですが、食べた後に下痢になりました。

辛さにやられたのです。

私にとって辛さには「いい辛さ」と「悪い辛さ」がありますが、悪い辛さのほうでした。

残念ながら、シンガポール・チリクラブを二度と買うことはないです。