寝る前に缶チューハイで糖分を摂取すると

私はほぼ毎日寝る2時間前から缶チューハイを飲み始めます。

一日でもっともホッとする時間です。

飲むのは99%キリンの氷結です。

缶チューハイを飲み始めた頃はいろんなメーカーのを試していましたが、とにかく炭酸が強いのが好きなので、氷結に落ち着いたわけです。

でもたまに違ったものを飲みたいと思いました。

そこで買ってみたのが、アサヒのカクテルパートナーです。

「カシスオレンジ」と「特濃はちみつ日向夏&甘夏」です。

アサヒというとビールのスーパードライが有名ですが、そのイメージもあって炭酸もそれなりにしっかりしているのではと思いました。

飲んでみると、まあ合格点です。

カシスオレンジはかなりオレンジ臭かったです。

缶チューハイで果汁6%もあると、かなり多いですからね。

このカシスオレンジを上回るのが、「特濃はちみつ~」です。

果汁11%もあります。

はちみつが入っているのでかなり甘いのかなと思いましたが、嫌になる甘さではありませんでした。

とにかく果汁が多いので、後半に味が薄くなるような感覚もありませんでした。

氷結は何となく最後の方は味が薄くなるように感じます。

ただそれよりも私が最近気にしているのは、こういう糖分が入った飲み物を寝る前に毎日飲むのはいかがなものかということです。

もう寝るだけなので、体は糖分を消費する場面ではありません。

その糖分はどうなるかというと、脂肪に変わってしっかりと体のどこかに貯蔵されるはずです。

私は夜の風呂上りと朝起きてからの1日2回体重計に乗っていろいろと計っていますが、朝は体脂肪率が増えているのです。

もしかすると寝る前に飲んでいる缶チューハイが原因ではないかと疑っています。

缶チューハイをやめようとは思いませんが、実験的に炭酸水に変えてみるのもいいのかなと思っています。

CIMG0085

グラシトール※口コミ・効果・副作用・最安値価格【楽天・Amazon】