乳酸菌の様々な効果を聞くことが多いですが、同時に「フェカリス菌」という名前もよく聞くようになりました。

このフェカリス菌がお腹の調子を整えるのにいいと知ってネットで調べてみたら、久光製薬の「乳酸菌EC-12」が見つかりました。

フェカリス菌2

「乳酸菌EC-12」に使われている「EC-12菌」ですが、正式な名称は「エンテロコッカスフェカリス菌EC-12株」といいます。

つまり、EC-12菌というのはフェカリス菌のひとつだということです。

EC-12菌の特徴はその大きさです。

乳酸菌には球菌(丸い菌)と桿菌(棒状の菌)などがあります。

EC-12菌は球菌に属し、ヨーグルトなどに多く含まれている桿菌に比べて5分の1くらいの大きさしかありません。

久光製薬の「乳酸菌EC-12」にはこのEC-12菌が1袋(1g)に1兆個配合されていますが、EC-12菌がこのように小さい乳酸菌だからできることなのです。

ではEC-12菌を摂取するとどのような効果があるのでしょうか。

これについては研究成果としても発表されています。

EC-12菌を摂り続けると悪玉菌のウェルシュ菌を減少させ、善玉菌のビフィズス菌を増やすというデータです。

14日間で腸内のビフィズス菌の占有率が約2.3倍にもなっています。

久光・乳酸菌3

しかし、EC-12菌の摂取をやめると、また元の状態に戻ってしまうということもわかっています。

このデータからは、EC-12菌を摂り続けることが大切であるといえます。

ちなみに、EC-12菌をはじめとするフェカリス菌を摂取しすぎたりしても、特に体に害があるような副作用の心配はありません。

ただ副作用の心配がないといっても、より効果的に摂取するには、一度に多量ではなく、適量を毎日継続して摂取することが大事です。






【関連記事】
乳酸菌革命(健康いきいき倶楽部)※口コミ・最安値【楽天・Amazon】