口臭は、口の中から臭っている場合のほか、胃の中から臭っている場合もあります。
口の中から臭っている場合は、雑菌が増殖していることが最大の原因です。歯の磨き方が悪かったり、たばこを吸っていたりすると雑菌が増えます。口臭対策の消臭スプレーに頼るだけでなく、歯科で衛生状態などもチェックしてもらいましょう。
また、唾液の分泌量が低下しても、雑菌は増えます。唾液による殺菌効果が弱まるためです。ストレスなどを受けると、唾液分泌をつかさどる自律神経のバランスが崩れ、唾液量が低下するドライマウスを招くこともあります。よく噛まないことも唾液減少の原因になるので、食事のときによく噛む習慣をつけましょう。ガムを嚙むことも唾液分泌を促すので有効です。
そして、胃から臭っている場合は食べたものも関係しますが、深夜に食事をとるなどして胃が荒れていることも原因となります。遅い時間にとるなら、消化の悪いものは避けましょう。
また、消臭効果のある牛乳を飲むのも手です。牛乳を飲むと、タンパク質が胃の中で分解され、臭いのもととなるアリシンという物質を包み込んでくれるからです。

レディーズローズ※バラの口臭対策・口コミ・最安値【楽天・Amazon】